トップページ > お知らせページ

ルーブル美術館に向かって(6月30日)

今回のツアー最後のホテル、少々格式が高く、朝食でもレストランの入り口で受付し、 テーブルに案内してくれる。食事はアメリカンだけでなく和食もある。味噌汁の具は トッピング方式。いつものように、アメリカンスタイルで。オレンジジュースをウェイターが ついでくれ、注文に応じてコーヒーを。 フリータイム初日、事前に予約しておいたツアー会社に向かう。 旅行前にストリートビューで見てたように、ホテルの正門を出て、並木道(カプシーヌ大通り)、 オペラ座の交差点を経て、オペラ通りに入る。オペラ通りをセーヌ川方向に歩き、正面に赤いひさし(テント?)の あるカフェの三叉路を右折するとピラミッド通りに入る。歩いてすぐ左手にジュンク堂書店、 隣に今日のツアー会社であるMYBUS社を見つける。 ここは、日本人が受付をし、サービスも日本的である。地下にはトイレがあり、ペットボトルの水(2ユーロ)を販売している。
オペラ大通り ジュンク堂 MYBUS社


ルーブル美術館

9時、イヤホンを付け、日本人ガイドの引率でルーブル美術館に向かって出発する。途中の交差点に、馬にまたがった 金色のジャンヌダルク像がある。ルーブル美術館の敷地に入ると遠く右手にコンコルド広場、 凱旋門が一直線に並んで見える。左手には、ルーブルの小さな凱旋門とピラミッドが。 凱旋門をくぐり、ピラミッドを眺めながら、しばらく撮影する。右手の建物から地下に入り、 手荷物検査を受ける。しばらく歩きゲートでチケットを提示し、美術館に入る。 モナリザの絵がある。以外と小さい。山のような人だかり。人ごみの最前列にも行けず、 望遠で撮影するが、ガラスの反射でうまく写せない。ナポレオンの戴冠式の絵は、 ベルサイユ宮殿のものより、はるかに大きい。レースを編む少女。この絵の前にはそれほど人もいない。ミロノビーナス像は、部屋の中央にあるため360度、ぐるりとまわり撮影できた。帰国して写真を整理していたらミロノビーナスの右腕には2つの 小さな穴があることに気付いた。これは腕飾りをつけるための穴だろうと。それと上半身の写真しかなかった。人ごみで最前列まで行かったのだ。ニケの像は どこですかと、他のツアー客が聞くと、ガイドが修復中ですと。それでも観光の目玉となる5作品中、 4作品を見れたのだから良しとしよう。その他、メソポタミア時代の作品、ドラクロアの作品など。 本来なら鑑賞のテーマを決めて、1週間以上いなければ。また階段の遊び場では、 小学生のグループが先生の引率で絵を書いていた。歴史的な作品を直接見ながら絵の勉強ができる、フランスならではの贅沢か?


ジャンヌダルク エッフェル塔 ルーブル

凱旋門、コンコルド広場 ルーブル ルーブル
ルーブル ピラミッド下
モナリザ
モナリザの人ごみ
ナポレオンの戴冠式

ミロノビーナス
レースを編む少女



退館

12時、まだ見るという人を残し解散する。出口近くの0階の簡易レストレンでランチ。 トルテイーヤとジュースで15ユーロ。あわただしく食事を済ませ、中央のEXITの看板の あるエスカレータを見つけ地上階の出口(ピラミッド)に。
レストレン
出口のピラミッド

サンジェルマン・デ・プレ

13時10分、サンジェルマン・デ・プレ地区の散策に向かう。ルーブル美術館の建物の門を出る。向かいはキャルーゼル橋。 セーヌ川沿いの道路(フランソワ・ミッテラン通り)を横断し、橋を渡らずに道路脇の歩道を東に向かって行く。川沿いの小さな歩道が右下に見える。 しばらく歩くと鍵でいっぱいの欄干が見える。あれが、芸術の橋(ボンデ・ザール)か。 車道でないため、橋は1メートルほど歩道から高くなっている。橋の入口には、鍵を売るジプシーもどきの人も。欄干は鍵で膨れるようになっており、その重みで一部壊れてしまったようだ。 正面にはフランス学士院の堂々とした建物が見える。しばらく撮影をした後、セーヌ左岸の道路沿いを 西に行く。ストーリートビュウで見たカフェを確認し、道路を横断、サンジェルマン・デ・プレ教会に 向かって小路(ボナパルト通り)を入って行く。歩道は狭く、すれ違うのに苦労するほど。道路沿いにはブテイックや 骨董品の店などがあるが、入口が小さく、入りにくい。右手に国立高等美術学校が見える。TVで見た門だ。 漸く、マカロンの老舗LAJYUREに到着する。かわいいショーウィンドウは見ていて楽しい。 綺麗な箱に8個まで入るとのことで、適当に選んでもらい2箱購入する。奥のレストランからはカチャカチャという皿に スプーンが触れる音が聞こえる。

ルーブルからの出口 正面のキャルーゼル橋 芸術の橋
芸術の橋 鍵の重みで金網が破壊 芸術の橋
芸術の橋 フランス学士院 目印のカフェ
ボナパルト通り パリ美術学校 パリ美術学校
横道 ラジュレのある交差点 ランジュレ
マカロン マカロン ホテルでの夜食


サンジェルマン・デ・プレ教会

目前にサンジェルマン・デ・プレ教会が見える。近くの木には本と靴が吊るしてある。 入口にはジプシーが門番のように座っている。それぞれテリトリーがあるのか、 この後に行ったサン・シェルピス教会の入口にも一人のジプシーが陣取っていた。 教会内部を見学する。おごそかな雰囲気である。トイレを探すが見つからない。 見学料も払わず入るのだから、それは無理な相談か?教会を出ると正面に文豪が 通ったというカフェ(レ・ドウ・マゴ)がある。 サンジェルマン通りに交差する2本の道路の内、右手の道路(レンヌ大通り)に向かう。 道路のはるか前方に高い塔が見える。ストリートビューで見た風景だ。 5分ほど歩き、右手のフール通りに入る。公園の手前で本屋さんを見つける。 ガイドブックにあった子供向けの店か。この界隈は学術の地区とかで、本屋さんも多いようだ。 ショーウィンドウで魚の絵本が気にいり、デジカメで撮影。店員にそれを見せて購入する。

サンジェルマン・デ・プレ教会 本のなる木 人力車
教会内部 教会内部 教会内部
教会内部 教会内部 レ・ドウ・マゴ
レンヌ通り フール・ミデイ交差点 児童向け本屋
絵本


メダイ教会

公園の左側の通りを行くとすぐ、世界最古のデパート、サンジェルマン・マルシェが 見える。デパート沿いに歩くと右側に小さな道があり、小道の右手の建物が本館、 左が食品館である。この小道を入って行くと、数人歩道に立って待っている。 幸福のメダルで話題のメダイ教会。ガイドブックによると教会の午後の開館は 14時30分と。10分ほど待ち、開聞と同時に入って行く。トイレもあるようだ。 入口から20メートルほどのところで、まだ照明のついていない部屋に入ろうとする人がいる。 ここが売店か?部屋に入るとすぐに70−80歳の女性が2人やってきてカウンターに座る。 2か所の陳列棚にメダルと絵葉書がかかっている。アルミ製の小さい50個入りのもの、 ブルーのもの、大型のものを買う。行ったという証拠か。値段も手ごろで、お土産になりそうだ。 教会内部はお祈りをする人など、厳かな雰囲気でカメラのシャッター音は気が引ける。 トイレを済ませ、食品館に。いくつかあるパリのデパートの中でも、品ぞろえ、陳列方法などで、 もっとも評価が高い。日本の食品もワンコーナを占めている。みそ、醤油、寿司他。 ただ日本と較べ2−3倍の大型容器で、価格も3倍程度か?本館にも入ってみる。 ブランドものがほとんどで、一般的な使い勝手のある商品は少ない。

ル・ボン・マルシェ ル・ボン・マルシェの小道 メダイ教会のパネル
幸福のメダル 教会入口 内部
内部 内部 内部
入口付近の像 デパートの飾り


カフェ・ド・フローラ

15時30分カフェ・ド・フローラに向かって歩く。デパートに向けて歩いて来た公園沿の交差点を右折、さらに道路左の小さい道に入り、十字路を左折するとミデイ通りに入る。ブテイックや 小物の店などがある。ガイドブックに載っていたパン屋さん(ボアラーヌ)がある。大きな丸い石の ようなパンが見えるが、夕食はアムール貝を食べることになったので購入せず。しばらく歩くと、 デパートに来る時に見たモニュメントのあるフール通りの交差点に戻る。ここから右の通り( ビュウ・コロンビエ通り)を歩いて行くと前方にサンシルピス教会、ダビンチコードの舞台と なった教会の屋根が見える。ここにもファッションの店が立ち並び、50%オフの表示が目に着く。 16時5分、サンシルピス教会に着く。サンシルピス教会の内部は天井も高く、大きい。 思わず眠くなり椅子に座りコックリ、コックリしだす。 教会横のサンシルピス通りを左折し、マビヨン通りに入る。右手に市場の建物が見える。 突き当りがフール通りで、ここで右折するとサンジェルマン通りに戻る。 サンジェルマン・デ・プレ教会が右手道路向かい前方に見え安心する。 16時40分、Pさんから紹介してもらったカフェ・デエ・フローラに着く。パリでは レ・ドウ・マゴとともに老舗カフェとして名高い。入口で、ギャルソンに山下さんに会いに来たと 言うと入口近くの予約席に案内してくれる。アジアで最初のギャルソンだそうだ。店内はフランス語が理解できないせいもあるが、会話がコンスタントな 騒音に聞こえてくる。飛行機の中のようにも感じられる。ギャルソンがきびきびと 忙しく行き来する。このフランスの一流カフェの良さとはなんだろう?11.8ユーロのレシートに15ユーロおく。 Pさんは、「チップは気持ちです、気に入らなければ払わなくてもいいのです」と言っていたが。 日本人には、チップの程度が難しい。17時40分、カフェの道路向かいのTAXステーションに向かう。パリでは、流しのタクシーはなく、 ステーションで乗るようになっている。すぐにタクシーがやってきて乗り込む。聞いていたように 自動ドアではなく、客が閉める。挨拶のボンジュールを忘れる。あれほど頭に叩き込んでおいたのに、 いざとなると。ホテル名と住所を書いた紙を見せる。ホテル名には全然関心を示さず、 住所を見てOKと。タクシーはセーヌ川沿いを東方向に行き、シテ島の手前で左折し Uターン。セーヌ川を右手に見ながら川沿いを戻り、ルーブル美術館前の橋(キャルーゼル橋)でセーヌ川を 横断し、オペラ通りに。なんとなく遠回りをしているような印象を持つ。18時、 ホテルの裏側、オペラ座との境の通りに到着。11.8ユーロ。チット高い。
ミデイ通り サンシルピス教会 サンシルピス教会

サンシルピス教会 教会内部 教会内部
教会内部 教会内部 教会の調度品(タコ、貝)
教会内部 教会内部 教会内部
教会内部 マビヨン通り側の市場
サンジェルマン・デ・プレ教会 サンジェルマン・デ・プレ教会前で カフェ・デエ・フローラ
カフェ・デエ・フローラの店内


ムール貝のデイナー

ホテルの部屋に戻り、お土産を出し、シャワーを浴び、一息する。 19時、デパート(ギャリー・ラファイエット)に行ってみる。食品、インテリアなどの ホーム(家)館、本館を見る。本館の中央には、ドーム状の天井があり素晴らしい。 0階のドーム真下には化粧品のブランド店があり、真上を見上げた撮影は無理。 20時、夕食のムール貝のレストランに向かう。並木通り(イタリアン大通り)をしばらく歩くと、 添乗員の配布したパンフレットにある店(LEON)を見つける。 通りの看板にあったムール貝とパン、ビールのセット(13.9ユーロ)をオーダーする。 貝を口ですすり、殻を隣のバケツにポンと入れる。30個近くあったバケツの中の貝、 最初はソコソコいけると思ったが、きつい味に数個残す。食事が終わりホテルに帰る途中、ジプシーが街路樹の上に登り、木の上から空き缶を釣竿でつるし、物乞いをしている姿を見る。 なかなかのアイデイアと感心し、しばらく眺めてみたが、小銭を缶に入れる奇特な人はいない。 これもパリの風景か? 23時30分、部屋に戻り、マカロンを食べる。フランス版最中のようで、あんこの爽やかな甘さと殻のサクサク感が美味しい。

オペラ座 オペラ座 ギャラリー・ラファイエット
ギャラリー・ラファイエット ギャラリー・ラファイエット ギャラリー・ラファイエット
オペラ座 オペララーメン
ムール貝 ムール貝 ムール貝



トップページ > お知らせページ