トップページ > お知らせページ

モンパルナス駅から(6月25日)

8時45分にチェックアウトする。このホテルのエレベータは日本と同じく、日本でいう2階を2Fと表示している。 あとで添乗員から聞いたのだが、このホテルは当初は日系の航空会社の経営だったとか。納得する。 9時15分、バスは今日の 古城めぐりの出発駅モンパルナス駅に向けて出発する。 渋滞いかんでは、定刻の電車に乗れないかもと、添乗員。9時30分、 モンパルナス駅に着く、少々早く着き過ぎたかと。出発まで1時間ほどあり、駅の構内で10時25分まで自由時間。 駅構内には、 いろんな店があり、見るだけでも楽しい。マカロンとパリのコンパクト地図を買う。機関銃を持って警備する軍人、フランスパンを 抱えた人、スズメにパンくずをあげながら電車を待つ人など、パリにやってきたという実感が。

発車時刻パネル マカロン販売 ホーム
自動改札口 発車時刻表 モンパルナスタワー


ツール駅に(6月25日)

10時45分、4番線からフランスの新幹線(TGV) に乗車する。 日本の新幹線よりは横幅が狭く、2+2である。しかしスペインの新幹線AVEよりは 振動が少ないような気がする。 読書をする人、会話する人などで、飲食をする人はさすがにいない。料金は27.6ユーロ、4000円程度で、日本の新幹線と 変わりない金額か?11時45分、 ツール駅に到着する。 ランチとなるが、駅前のレストランは12時からということで、ロビーで待つ。 数分で12時となり、テーブルに着く。数分の 違いなら店をオープンしても良いのに、変のところに厳格なのがフランス人かと。 食事は前菜、メインデイッシュ、デザートとフルコース。しかし、大きく甘いデザートは全員が半分以上残す。 駅前の広場にはチョットした作品が並べられていて、楽しい。


乗車 車内 ツール駅

降車チェック ツール駅舎 駅前の芸術作品



アンボワーズ城(6月25日)

13時05分、バスはロワールの古城めぐりにスタートする。 城が見えるまで、添乗員からロワール地方の城について説明を受ける。ロアール川は1000km以上あり、 フランス最大の河川であると。この地方の城は当初イングランドに対抗するために造られたが、温暖で自然に 恵まれていることから、狩猟を中心とした保養地として利用されるようになった。 13時40分、最初の城、アンボワーズ城の川向で下車する。川面に映る古城や石造りの橋が、美しい。 木陰にはミケランジェロの彫刻があり、子供たちが遊んでいる。


アンボワーズ城 アンボワーズ城 風がなければ

城壁の上に旗が 乗らなくなったボート? ミケランジェロの彫刻

シャンポール城(6月25日)

次にシャンポール城に向かう。世界最大の城で、パリ市街地と同等の面積があると。現在も、 国賓の来訪があった際には、利用されている。この城はフランソワ一世が建築したものである。 イタリア芸術への憧れがあり、イタリアの彫刻家を連れてきて建造したもので、ルネッサンスの初期様式を 反映している。 すり減ったラセン階段が印象的で、すべての部屋に豪華なタペストリー、肖像画が飾ってある。財力の象徴なの だろうか?城壁に無数のツバメの巣を見つけ、とらないのかと現地ガイドに聞くと、動物愛護の国ですからと。 最上階で記念撮影した後、16時05分、バス停集合ということで解散する。 入口付近のお土産コーナーを覗いたり、お城の正面で写真をとったりしながらバス停に戻る。

途中の城 途中の城 途中の城
シャンポール城の入口 売店 木々の合間から
工事中 観光馬車も 正面
入口 中庭から 中庭から
中庭から(ツバメの巣) 壁のレリーフ 王様の馬車
螺旋階段 寝室 タペストリー
居間 シャンデリア 階段側の窓
屋上から 屋上から 屋上から
螺旋階段 出口にあったコケで出来た馬 天守
バラ 休憩 不格好な家


シャトーホテル(6月25日)

16時10分バスに乗り、このツアーの目玉であるシャトーホテルに向う。 18時10分、シノン市郊外のシャトーホテル(シャトー ド マルセー)に着く。 ロビーの壁には、古い絵画や調度品が並べられている。また窓から差し込む初夏の日差しの中、 ハエや蝶が室内を飛んでおり、農村地帯を感じさせる。 ばかでかい板の付いた鍵で、何度か右に左に回しながら部屋のドアを開ける。 天井は高く、太い鴨居が走っている。ここにもハエがぶんぶん飛んでいる。とにかく網戸というものがない。 「香取線香でもあったら」と日本人は思うが、あの匂いをフランス人は受け入れないだろうと添乗員が言う。 夜8時過ぎてもまだ明るい青空をシャトーの壁に巣があるのかツバメが飛び回っている。 夕食は11名で丸テーブルを囲みながらホテルのレストランでとるが、かなり狭い。この狭いスペースに、 直径40cmもあろうかという大きな皿が運ばれてくる。食べ物は大皿の中央にほんのチョコット。 見た目を重んじるのがフランス人と、添乗員。このシャトーホテルだと客は10名程度が限度で、 このツアーは本来定員が28名だが10名に絞ったのだろうと。食後、外に出る。22時だというのに まだ明るく、放牧されている馬が2頭、夕陽にたてがみが光る。部屋に戻りあれこれ片付けを始めると 飲み水のサービスがあるのに気づく。紙袋に入った瓶でグラスまであり、ワインかと思い手を付けなかった ツアー客も。飲み水の確保は、イタリアやスペイン以上に大変。日本の数倍の価格だし、ツ アーバスでも販売していない。添乗員いわく、余計なことをしないのがフランス人だと。

シャトーホテル 紫陽花 屋外レストラン
ホテルのバー 部屋の天井 鍵と水
放牧 朝食のレストラン入口 フランス料理(前菜)
フランス料理(前菜) フランス料理(メインデイッシュ) フランス料理(デザート)


トップページ > お知らせページ