トップページ > お知らせページ

 これは2005年ころより、丹沢山麓の四季折々の自然を撮影したものです。名も知らない草花を見つけては、
図鑑で調べながら楽しんでます。

12月、ここ丹沢山麓は雪もなく、落ち葉とぼんやりとした日差しが冬を感じさせる。

冬枯れのゆり






どうだんつつじ




**2010年01月10日の追加**

今年は落ち葉が例年になく、多かったような気がする。



エビネ





冬空に裸木のシルエットが寒さを感じさせる




**2011年01月10日の追加**

 12月になると、紅葉が色濃くなり、さらに枯葉が風に舞う。葉を取られた枝はますます寒さを
感じさせる。

紅葉があたりに ドウダンつつじ



強風で落ち葉も



落葉まじか



珍しくテントウムシが 葉一つなく



ヤブコウジ 早、芽吹き



冬は影が美しい 雪原のよう(白い壁に映った影)



落ち葉もこれで最後か



**2012年01月10日の追加**

 12月に入り、紅葉が鮮やかに、また十両、万両の赤い実が際立つとともに、曇った日の冬空は寒さを一段と感じさせる。

菊(種が風に吹かれて飛んできた?)


万両 ヤブコウジ(十両)



ドウダンツツジ




狸のネグラ? オモト


**2013年01月10日の追加**

 寒さが厳しいせいか、シュンランなどの花芽がまだ見られません。しかし紅梅の花芽に春の訪れが感じられます

ツタ


サクラ






ビオトープ




サザンカ 紅梅のつぼみ



トップページ > お知らせページ